>

Q&A お客さまから多く寄せられるお問い合わせをまとめております。

1.黄帝灸はビワの葉温灸と同じ効果がありますか?
ビワの葉を使用して黄帝灸を使用している画像
ビワの葉に含まれるアミグダリンという成分(鎮痛・消炎作用)は、ビワの葉に含まれるものです。生のビワの葉を使用することで同じ効果を得られます。黄帝灸の強のスイッチを入れ、皮膚の上にビワの葉を置き、黄帝灸で温めることで、棒もぐさを使ったビワの葉温灸と同じ効果を得ることができます。
2.ビワの葉が入手できないのですが、ビワ葉温灸を行うことができますか?
できます。
北海道、東北などの寒冷地や都市部などでは、ビワの葉が身近に入手できない場合が多いようです。市販のビワの葉エキスをご使用ください。インターネットで検索すると入手先を調べられます。
ビワの葉エキスと化粧用コットンを準備してください。写真のように4~5センチ角の化粧用コットンにビワの葉エキスを含ませて黄帝灸の発熱部と皮膚の間にはさんで使用します。
黄帝灸を使用するビワ葉温灸のやり方は、こちらから
3.ビワの葉を使わなくても、お灸の効果はありますか?
黄帝灸は、棒もぐさの火を使うことによる欠点を、電子制御によるインバータで常に同じ温度を自動的に得られるように開発した機器ですので、棒もぐさのお灸と同じか、それ以上の温熱効果を身体の芯の深くまで浸透することができます。 当社のアンケート調査(2009年11月調査)によりますと、ほとんどのユーザー様がビワの葉を使用しないでお使いになり、ピンポイントでジワッと身体に注入される温熱によるお灸の効果に大きく満足されています。
4.当てるコツはありますか?
黄帝灸は温圧灸ですので、リラックスしたい箇所に若干強めに押し当てるようにすると効果的です。また、イメージとして「モグサが燃えている、燃えている。」と思いながら、チクッ、熱ッと感じるまで、動かさずに同じ位置をピンポイントで押し続けます。こうすることで発熱部から温熱と遠赤外線が身体に注入されて、チクッ、熱ッと感じることでお灸と同じ効果を得ることができます。
チクッ、熱ッと感じるまでの時間ですが、人により、部位により、季節により、体調により、さまざまに異なりますので一概に○秒間とか何十秒間と特定できません。例えば、指先や足裏、頭頂部などでは熱さを感じるまで他の部位より時間がかかります。
通常であれば、10秒間でチクッ、熱ッと感じる部位(手、足、肩など)でも、体調や季節次第で30秒間、時には一分間近くかかる場合もあります。同じ部位でも寒い冬は長い時間がかかり、夏などの暑い季節には短い時間でチクッと熱さを感じます。
また、チクッ、熱ッと感じた後、熱さを我慢して長時間当てればもっと効果が得られるだろうと考え、我慢して当てすぎないようにしてください。その時は我慢できても、後には低温やけどになって予期しない怪我をすることがあります。充分に注意してください。 日頃から自分の体調を掴んで、効果のあるツボのポイントを見つけ出しておくと、さらによいでしょう。
5.黄帝灸の発熱部は直接肌に当ててもいいでしょうか?
黄帝灸の発熱部は直接体に当てないでください。[皮膚に低温や けどを起こす恐れがあります。] 布などの上から間接的に温熱治療を行ってください。ですから服の上からでも使用できます。薄手のものでしたら、そのまま使用いただけます。厚みのある服ですと、熱が通りにくいので、脱いでください。
また、ナイロンなど熱に弱い素材の布地や、しわ加工の入った布地の上からは黄帝灸はあてないでください。
6.やけどをする心配はありますか?

安心してお使いいただけます。

 「 医薬品,医療機器等の品質,有効性及び安全性の確保等に関する法律」の規制から一般的に家庭用電気温灸器は60℃~80℃以下に温度が設定されています。したがって、長時間我慢して身体に当て続けますと低温火傷になるおそれがあります。
 そこで黄帝灸は、他の家庭用電気温灸器にはない安全機能を備えています。毎分ごとにピッピッと小さな警告音で当てる時間の目安をお知らせします。また、当てているうちに眠くなることも多いため、15分間で自動的にスイッチが切断され、続けて使用するには再度スイッチを入れ直すように設定されています。
 黄帝灸は家庭用電気温灸器の中では、最も安全に配慮された製品です。もちろん発売開始以来6年間、低温火傷の事故は起きていません。黄帝灸は安全にお使いいただけますのでご安心ください。

自分好みの温度調節を見つけてください。

 黄帝灸の発熱部は肌に直接当てないでください。着衣の上から、またタオルを挟んで、ビワ葉を挟んで、ご自分の好みの温度に調節して当てていただくようにお願いしています。
●熱ッと感じるまで、10秒から数十秒動かさずに同じ位置に押し続け、熱ッと感じたら次のポイントに移動して当ててゆきます。熱さを感じるまでしばらく待つ時間を取ることによって温熱が身体の芯まで届き、温かさが長時間持続するからです。
●気持ちよい温度は、個人差があり、身体の部位や季節によっても異なります。
●頭のツボ百会には強スイッチ+タオル一枚、手の合谷には弱スイッチ+タオル二枚重ねなどのように自分好みの温度調節を見つけて『じわっ→熱い!→楽になる』と実感していただくことで『冷えこり痛みのつらさ』から解放されて至福な毎日をお送りいただけます。
●熱さを認識できない・伝えられないなどの病気の方や小児、ペットへのご使用は必ず成人健常者が当てたところの熱さを確認しながら行ってください。また、深酒時は使用不可です。

 このようにお使いいただけますと低温火傷になるおそれはほとんどありません。合わせて、18本の動画による「黄帝灸の使い方」付属のDVDをご覧いただきますと、安全で効果的にお使いいただくことができます。

7.においはありますか?
においはありません。火を使わないので、煙やにおい、灰も出ず汚れません。旅先のホテルなどでも安心してお使いいただけます。
8.電気代が気になるのですがどうでしょうか?
黄帝灸は消費電力が20W,毎日1時間使っても電気代は1ヶ月で10円程度ですので、たいへん経済的です。
9.黄帝灸は海外でも使用できますか?
黄帝灸ナノプラチナ I I 型は、日本国内専用の100V電源です。 海外使用時はトラベル変圧器+現地プラグが必要です。海外でのご使用は、海外旅行用変圧器(日章工業kk 世界各国対応 SK-30T 出力容量38W 重量 298g 約¥3,500 推奨)と現地用プラグが必要となります。
10.消費税や送料や代引手数料はどうなりますか?
価格の中に消費税や送料や代引手数料がすべて含まれていますので、ご安心ください。
11.黄帝灸はお店で買えますか?
インターネットによる通信販売のみです。こちらのサイト黄帝灸楽天市場店 黄帝灸Yahoo!ショッピング店amazonをご利用ください。
12.黄帝灸は医療機関でも使われていますか?
黄帝灸の発売を開始して約3年半が過ぎ、多くの医療関係(整形外科医院・レディースクリニック・鍼灸院・整体院)の専門家にもご愛顧いただいています。 「ピンポイントでしっかりと身体の芯まで温熱が届く所が特に患者さまに喜ばれています」という、うれしいお声をたくさんいただいています。とくに黄帝灸ナノプラチナを「強」のスイッチで施術すると短時間で温熱効果があると評判です。
13.電気代のほかに、接触部カバー(導子部)の取り換えなど消耗品の費用がかかるでしょうか?
消耗品はありませんので、費用は電気代のみとなります。 接触部カバーはポリプロピレン製で、消耗するものではありません。通常は長期間そのままで使用できますから取換える必要はありません。  
その他、生のビワ葉を使用したい場合、地方で自宅など身近に入手できればほとんど費用はかかりません。都市部でビワ葉が入手できないことから購入する場合は、その費用がかかります。インターネット販売などで入手してください。しかしながら、黄帝灸はビワ葉を使用しないで用いるユーザーのほうが多数です。 (Q1.Q2.を参照ください)ビワ葉を使わなければ、消耗品はありませんので費用は電気代のみとなります。
14.海外から注文したいのですが?
黄帝灸ナノプラチナは弊社の黄帝灸市場店からお買い求めになることができます。

黄帝灸楽天市場店・黄帝灸ナノプラチナ商品ページへ


15.発熱部の表面をアルコール消毒してもよいですか?
黄帝灸の葉綱粒はポリプロピレン製です。
アルコール消毒しても良いです。
黄帝灸の発熱部表面はポリプロピレン製(白いプラスチック)ですのでアルコールでは傷みません。また、濡れティッシュや濡れタオルなどでも汚れをふき取れます。
ただし、本体内部にアルコールや水が入らないように、しっかりと絞って お使いください。本体内部を水に濡らしますと故障の原因となります。
16.電磁波の影響は大丈夫ですか?
黄帝灸の電磁波による身体への悪影響はありません 。 家庭用医療機器の黄帝灸は、電気用品の技術上の基準(J55014-1)を定める省令の要求事項に適合することが求められております。 これは機器自身が電磁波を出す事、また、外部から電磁波の影響を受けない事の要求事項であり、黄帝灸はその試験である電磁両立性試験(EMC試験)をJET(一般財団法人 電気安全環境研究所)において受けて合格しております。医療機器認証番号:219AKBZX00251000 を取得できた条件でもあります。 安心してお使いできる商品ですので、電磁波についてもご心配なくお使いいただけます。
詳細はこちらをごらんください。

黄帝灸のご購入はこちらから

お問い合わせはこちらから

会社概要

特定商取引法の記載

プライバシーポリシー