>

へそ温灸も黄帝灸

へそ温灸も黄帝灸!
黄帝灸んの基本は「お腹(へそ周辺)を温めて、体全体の血行を
  圧倒的に改善すること」なのです。
自分の体が本当につらかった時、ビワ葉温圧療法のスゴサに感動したわけは→ズズーンッ!ドーン!と体の芯深く入り込んで長く続く深く大きな温熱感でした。それまで感じたことのなかった初めての感覚!お腹に大きなマグマのかたまりが入ったような熱のかたまりを感じたのです。お腹の芯までポッカポッカになり、ズキンとした痛みや圧迫感がズンズン改善されていく至福の世界!今まで何だったの!本当はこんなのが欲しかった!もう、くせになる!
ビワの葉温圧療法のイメージ図


ビワ葉温圧療法は、お灸や温灸の働きに加えて、ビワ葉の働きと指圧の働きが加わって、お腹の芯深く大きくダイナミックな温熱感を与えてくれるすぐれものです。しかも、黄帝灸は、棒モグサを使ったビワ葉温圧療法の弱点をすべて克服することを目指して開発されました。(開発秘話を参照してください)お腹を温めるときは、ビワ葉を使わなくてもじゅうぶんに温まります。強のスイッチで、綿シャツやパジャマの上から、お腹に押し込むようにして温めます。なんといっても一人でかんたんにできます。片手じゃダメ、両手でしっかりとお腹に押し込んで、おへその中心から「の」の字を書くようにゆっくりと「アツッ」という温熱感覚を繰り返します。お腹がゆるんでいく幸福感を楽しんでください。
まずは黄帝灸でお腹を温めましょう!黄帝灸で、お腹を温めるとお腹がゆるむ。お腹がゆるむと体がゆるむ、体ゆるむと心がゆるむ。心がゆるむと安心できます。
黄帝灸で信じられないほどお腹の芯までポッカポッカに!!お腹(内臓)を温めると血行が良くなり、お腹の冷えが改善され、内臓の働きが活発になります。内蔵の働きが改善されると、体全体に血液が流れます。毎日、ベッドの中でパジャマの上から、テレビを見ながらリラックスして、「強」のスイッチで15分間程度、黄帝灸を当ててください。みるみるお腹が気持ちよくなります。黄帝灸は、温灸と指圧の働きを同時に行うすぐれものです。
▼もちろん、次のような使い方で、筋肉のこりをほぐしたり、疲れをとったり、神経痛・筋肉痛をやわらげます。

目が疲れたとき

パソコンや運転で目が重い、疲れた・・と感じるときは、こんな使い方がオススメです!

まずは目元から温めます
まずは目元から
弱(緑点灯)にして、まぶた・目の周りを中心にゆっくり温めます。
  • まぶたに当てる際、コンタクトをご利用の方は外してからご使用ください。
  • 個人差がありますので、熱さを感じる方は、あて布をしてご利用ください。
  • お化粧をされた上からもご使用できます。
首筋を温めます
次に首筋も
弱(緑点灯)にして、首と頭の境目にあてます。

首の疲れから目の疲れに繋がっている事もあるので、じっくり温めてくださいね。

リラックスしたいとき

手軽にリラックスしたいときは、こんな使い方がオススメです!

頭を温めます
頭にあてて
強(赤点灯)にして、頭頂部を温めます。

なかなか温かさを感じにくい場所ですが温める事で筋肉がほぐれリラックスできます。

鎖骨の周りを温めます
鎖骨の周りに
服の上から、もしくは素肌の上から、鎖骨を少しずつ移動しながら温めます。

この周辺を温めることで、血流がよくなり、上半身がぽかぽかと温かくなります。

足の裏を温めます
足の裏にも
強(赤点灯)にして、土踏まずやかかとを温めます。

足などの末端は、冬はもちろん、夏も冷房の影響で冷える事があります。

片足に5分程度あててあげる事で、下半身を効率よく温める事ができます。

冷えに悩む方へ特におすすめです。

こんな使い方もできます

ご家族やお友達が、肩こり・腰痛などで悩んでいる時に、ぜひ黄帝灸をおすすめください。手が届きにくい背中や腰は、サポートしてあげると喜ばれますよ。

肩甲骨周りや背骨の横、腰周りを中心に温めます。
旦那さんの肩こり・腰痛に
【肩・腰】強(赤点灯)にして、肩甲骨周りや背骨の横、腰周りを中心に温めます。

サポートされる場合は、受けられる方はうつぶせになると、よりリラックスできます。

お子さんや妊婦さんもご使用できます
お子さんや妊婦さんにも!
黄帝灸は温める事を目的とした電気温灸器の為、お子さんや妊婦さんもご使用いただけます。

※お子さんの使用時には必ず保護者の方が施術されるか、目の届く範囲でご使用ください。

その他、筋肉痛や関節の痛みなどを感じる際もご利用いただけます。

黄帝灸のご購入はこちらから

お問い合わせはこちらから

会社概要

特定商取引法の記載

プライバシーポリシー